斎武商店


コンテンツ
会社概要
機密文書処理業務
鉄のリサイクル
紙のリサイクル
環境方針とEMS
アクセスマップ
工場見学
株式会社 齋武商店
家電リサイクル指定

家電製品協会



お問合せ
 
 

 


会社概要 齊武商店

称号 株式会社 齋武商店
代表者 代表取締役 社長 齋藤 祐司
資本金 4,000万円
事業の目的 (1) 古物及び一般再生資源の売買
(2) 産業廃棄物収集運搬業
(3) 産業廃棄物中間処理業
(4) 特別管理産業廃棄物収集運搬業
(5) プロパン、その他の石油製品の販売
(6) ガス、石油併用機械器具の販売及び取り付け工事
役 員  (6名)
代表取締役 社長 齋藤 祐司
代表取締役 会長 齋藤 實
取締役 今野茂人
  岩淵 章
監査役 福嶋将人 
 
    



<納入メーカー>
株式会社 伊藤製鐵所石巻工場(宮城県石巻市)
日本製紙 株式会社 石巻工場(宮城県石巻市)
北上製紙 株式会社(岩手県一関市)
<仕入先>
県内外スクラップ業者、工場関係、産業廃棄物業者、解体業者等


七十七銀行 石巻支店
仙台銀行 石巻支店
商工中金 仙台支店

沿革

明治41年 (1908年)
齋藤 末治が個人創業
大正15年8月
齋藤末治 齋武商店として石巻市穀町で営業開始
昭和15年9月
戦時統制法により市内同業数社と合併し石巻資源株式会社を設立
昭和26年12月
商号を株式会社 齋武商店と変更  社長に庄司義一郎 就任
昭和50年3月
石巻市三河町7番4(石巻工業港)に本社、工場を移転
昭和54年6月
齋藤 實 代表取締役となる
平成5年11月
齋武商事(株)と合併、ガス部門の併合
平成14年5月
産業廃棄物中間処理業許可取得(金属くず、紙くず、廃プラスチック)
平成14年8月
石巻市魚町に魚町古紙センターを新設
平成18年3月
国際規格:環境マネジメントシステムISO14001:2004 認証取得
平成21年6月
齋藤 祐司 代表取締役となる
平成21年7月
石巻港 潮見地区に潮見ヤード開設
平成23年6月
東日本大震災にて被災 魚町古紙センター休業へ
平成23年9月
東日本大震災の影響でISO14001認証 返上

許可について

<産業廃棄物中間処理業>
宮城県
1.事業の区分 中間処分−圧縮、圧縮切断
2.産業廃棄物の種類
 (1) 中間処分(圧縮):廃プラスチック
 (2) 中間処分(圧縮・切断):金属くず、紙くず
3.許可番号 0428025917      

<産業廃棄物収集運搬業>
宮城県
1.産業廃棄物の種類
  (積替え又は保管行為を含む)
  廃プラスチック、金属くず、ガラスくず  コンクリートくず、及び陶磁器くず
  (積替え又は保管行為を除く)
  ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず   紙くず、繊維くず
2.許可番号 0418025917

仙台市
1.産業廃棄物の種類
 (積替え又は保管行為を除く)
  廃プラスチック類、紙くず、木くず、金属くず、ガラスくず、コンクリートくず、及び 陶磁器くず
2.許可番号 05401025917

秋田県
1.産業廃棄物の種類
 (積替え又は保管行為を除く)
  廃プラスチック、紙くず、金属くず、ガラスくず、ガラスくず、コンクリートくず
  及び陶磁器くず
2. 許可番号 0507025917

山形県
1.産業廃棄物の種類
 (積替え又は保管行為を除く)
  廃プラスチック、紙くず、木くず、金属くず、ガラスくず等
2.許可番号 0609025917

岩手県
1.産業廃棄物の種類
  (積替え又は保管行為を除く)
 廃プラスチック、 金属くず、ガラスくず、コンクリートくず、及び陶磁器くず
2.許可番号 003300025917


<特別管理産業廃棄物収集運搬業>
宮城県
1.産業廃棄物の種類:廃酸
 (水素イオン濃度指数2.0以下のもの)
  (積替え又は保管行為を除く)
2.許可番号 0458025917

<廃棄物再生事業者登録>
宮城県
登録番号:第16号
登録年月日:平成8年2月29日
事業の内容:古紙・金属くず

<使用済み自動車の再資源化等に関する法律(自動車リサイクル法)>
引取業者登録 2041800568
フロン類回収業者登録 20042800568
破砕業 許可番号 20046800568
解体業 許可番号 20043800568

<一般廃棄物処理業許可>
収集運搬業
特定家庭用機器再商品化法に規定する特定家庭用機器及び紙くず類
石巻市許可第30号

<その他>
液化石油ガス販売業 許可
全国製紙原料商工組合連合会認定 古紙商品化適格事業所 認定

<古物商>
許可証番号 宮石 第26号

<家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)指定引取場所>
テレビ・洗濯機・冷蔵庫・エアコンは家電リサイクル法により適正にリサイクルされます

 

このページのTOPへ

 
  | お問合せ |
Copyright(c)SAITAKE Corporation.All Rights Reserved.